多摩の高尾山近く!優美な東京霊園

納骨までの手順方法

東京都内町田にある一大霊園として有名な多摩霊園ですが、納骨までの手順はどのようになっているのでしょうか。納骨までの流れとして一番最初にしなければいけないことは、使用申し込みです。多摩霊園の墓地を使用するために予め書類を揃え土地使用料を支払います。書類をそろえ土地使用料を支払い契約を締結すると、次に故人のお墓となる墓石の選定作業があります。
この時に霊園の担当者の方と話をして墓石の種類や工事時期などについて詳しく決めます。その後注文した墓石が出来上がったら、一度墓地まで足を運んで確認しなければなりません。確認が済めばこれで終わりではなく、最後に開眼法要(開眼供養とも)を行う必要があります。開眼法要とは墓石に魂を入れる儀式であり、墓石として使うためにはこの儀式をしっかり済ませておきましょう。
開眼法要は生前に済ませることもできますが、故人の臨終後に行う場合は四十九日の忌明けなどに納骨法要と合わせて行う場合もあるようです。もし開眼法要の時に納骨を行いたいのであればあらかじめ納骨のための書類を準備しておく必要があります。以上が多摩霊園に納骨を行うまでの一般的な手順となります。もし多摩霊園に納骨を考えているのであればぜひ参考にしてみてください。

多摩霊園の利用にかかるお金

多摩霊園を使用する時にはどれくらいのお金がかかるのでしょうか。まず霊園の使用にかかるお金は、土地使用料、墓石代金と管理料、および法事料になります。また会食などで霊園内の施設を使用する時に使用料が必要です。多摩霊園では基本的に土地使用料と墓石代金はセットとして考えられており、土地の面積、お墓の方角、墓石の種類などの要因によって価格が決定されています。
土地と墓石を合わせた代金は多摩霊園の公式サイトに掲載されているもので一番安価なもので115万円、一番高価なもので343.4万円となっています。さらに別途管理料が必要です。値段を決定する要因についてみていくと、お墓の面積については特に宗教的な理由からこうすべきというものはありません。お墓の方角についても特にどの方角が良いと言うこともなく南向きまたは東向きは日当たりが良いため好まれやすく、西向きも縁起が良いため好まれる傾向にあります。
これは仏教では浄土が西にあると言い伝えられるためです。ちなみに北向きのお墓はありません。法事にかかるお金では埋葬料が37000円となり、追善供養が15000円または20000円となります。施設使用料は法要室が25名入1室で15000円、会食室が10名入1室あたり5000円の使用料になります。ここまで紹介した料金は全て税抜きになります。故人への礼を尽くすためにも、十分なお金を用意して臨みましょう。

おすすめ記事

多摩霊園の優れた点

外国人にも人気の多摩の霊園 葬儀か何かの事情で、多摩の霊園に足を運んだことがある人は数多くいると思います。…

もっと詳しく

多摩霊園の使用にかかる費用

年配の方でも安心して利用できる 多摩の霊園には当然ご老体の方々も訪れることがありますので、霊園のバリアフリ…

もっと詳しく

多摩霊園の納骨までの手順について

多摩霊園が人気のわけ いざ実際に使う段になってみると多摩霊園の優れたところはどこなのか分からない方も多いか…

もっと詳しく

多摩の高尾山近く!優美な東京霊園

納骨までの手順方法 東京都内町田にある一大霊園として有名な多摩霊園ですが、納骨までの手順はどのようになって…

もっと詳しく