法被の正しい着こなし方

法被は、よく見かける馴染み深いものですが、案外着方がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。あまり着る機会の多いものではありませんから、特に若い方だと知らないこともあるでしょう。まず、真っ先に疑問として浮かぶのが、襟はどちらが上になるのか、という点です。これはお祭り用品を扱う専門店にも一番多く寄せられる質問だそうです。間違っていると、一目でわかってしまう部分なだけに、絶対に間違えたくないポイントですね。正解は、自分から見て左側の襟が上に来る、和装用語で「右前」と言われる状態です。これは子供や女性の場合でも同じで、法被の着こなしは全て右前が正しい形です。この点さえ覚えておけば、後は自分なりに動きやすく、格好良さを追求しながら着て良いでしょう。正しく着こなして、お祭りを楽しみたいですね。

セミオーダーの法被なら低コストで製作可能

お祭りやイベントに法被を製作してもらいたい場合には、セミオーダーというやり方なら低コストで実現できます。この方法は、既製品の法被に襟や背中、胸にプリントをするので、それだけコストを抑えて製作してもらえるのが魅力です。名入れをしてもらいたいけれど、本格的なものでなくても出来るだけ安価に仕上げたい希望に相応しい方法です。用途として気軽に羽織れることを希望しており、本格的にデザインまでこだわらない場合には、最適な方法だと言えるでしょう。このため、フルオーダーの場合には、約2週間程度の納期になりますが、セミオーダーなら7日で納品してもらえるので、急ぎの注文の場合でも間に合います。たとえば、短期で使う場合や小規模のイベントで使う場合などに最適です。低コストで製作が可能でありながらも、オリジナルの醍醐味をしっかりと体感できる魅力もあります。

法被とハンテンの時代関係

法被はもともと、法という漢字からわかるように仏教関係の言葉で善寺から来た言葉とされています。善寺で使っていたものは、衣服とは関係ない椅子にかける布ですが後に武士が衣服としてつかうようになった法被を職人や火消しなども着用しました。後に、武士の羽織の代わりとしての家紋付の単位だったものは、後年上級武士以外はぜいたく品だとして禁止されたために、庶民には簡易なタイプのハンテンとして普及するようになります。規制の強かった江戸では、火消しが印をつけた印半纏を着ていたことから皆が真似したことから現在でも関東では半纏で、武士社会ではなく規制の厳しくなかった関西は法被を着ることが多いというように現在でも地方色が出るようです。現在では混在されることも多い両者ですが、特にお祭りなどには欠かせない事は間違いなく地域差はありますが愛されている着物ということは間違いありません。

既製品のはっぴ販売からフルオーダーのはっぴまで幅広く取り扱いしております。 はっぴに簡単なプリント入れから生地から染めるフルオーダーまでさまざま加工方法でオリジナルはっぴ製作をしています。 弊社で在庫をしてますので すばやい発送が可能です。 波柄やファイヤー柄ロングはっぴが¥2,990税込です! 法被を作って盛り上がろう!カメオカ