法被はアイドル文化と親和性の高い衣装

法被と言えば、お祭りなどに欠かせない日本の伝統衣装です。しかし着用するシーンは非常に限られていて、一年の内に数回しか着ないという事や、人によっては着たことがないという場合すらあるでしょう。ですが、そんな法被が頻繁に着用されている場所があります。それはアイドルのライブ会場です。応援しているメンバーのイメージカラーで作っていたり、もっとわかりやすく背中に大きく名前をプリントしていたり。熱烈に応援する人々にとっては、欠かせないアイテムです。シンプルなデザインゆえに、法被はこうした使い方をするととても目立ち、それぞれのファンの目印となり、これをきっかけに交流が行われたりもします。こうして昔からアイドルファンとの親和性が高い衣装ですが、それは近年でも変わっておらず、今でも大きなコンサートのある日などは、大勢の着用者と出会えます。

法被は踊りの衣装として活躍します。

法被は踊りの衣装として活躍します。色や使い方で、いろいろとあります。学校の運動会では、表現運動でどこかの学年は必ずと言っていいほど、日本伝統の曲を使って、踊りを踊ります。地域の人や子供達の祖父母に喜んでもらえるように選曲していきます。子どもたちが、運動会当日に着て踊ると、見栄えし迫力があります。黒や赤の色が主で、蛍光色テープでラインを強調したり、帯の色を派手にしたり、様々な工夫で、踊りが引き立ちます。小学生低学年生活科という教科でも収穫祭として手作りお祭りを企画します。1回限りなので、紙や不識布で作成して、着て可愛く盛り上げています。この場合は、白色にカラフルなペンで個性ある好きな絵を描いて、自分だけのデザインにします。また、地域単位の踊り保存会などでは、色をそろえて、毎年引き継いでいきます。洗濯に強いしっかりとした生地のものが好まれます。

オーダーメイドの法被で結束アップ

文化祭や会社のイベントなど、全員でお揃いの衣装が欲しいと思った時に、真っ先に考えつくのが法被です。色やデザインを揃えて着用する事で、見た目も統一感が生まれ、仲間意識も強くなり結束力が増すでしょう。それはイベントごとの成功への大きな足がかりとなります。しかし、そんなに沢山の法被を用意するのはなかなか難しいことです。市販品を購入するにしても、人数が多い場合はお店の在庫が足りないなんてこともあります。そこで利用したいのが、ネットで簡単に注文出来るオーダーメイドの法被です。事前に必要な枚数を伝えて用意して貰いますから、足りなくなる心配はなく安心。オーダーメイドですから、自分達の好きなデザインで作れるのも魅力ですね。定番ですが、イベントの名前や年月日を入れたデザインならいつまでも記念になることでしょう。